高度先進医療のがん治療

がん治療の代表的なものと言えば、「手術」「化学療法」「放射線治療」となりますが、最近では「免疫療法」も発見されています。 がんの手術はがん細胞を取り除くもので、昔から行われているメジャーな治療となります。しかしがん細胞は本来見えにくものとなり、手術したからといって他の場所に転移していればがんが完治したとは言えず、初期の段階に有効な手段となります。 そこで、化学療法と言われる抗がん剤治療などで、増えてゆくがん細胞やがん細胞自体を殺していきます。しかし抗がん剤治療はがん細胞を殺す半面、健康な細胞も殺してしまうことがあります。それが副作用として表れ、髪の毛が抜けたり下痢や吐き気がするなどの影響が大きく、がんを根治するというよりも延命する目的が多いようです。 X線などを照射する放射線治療も、有効ながん治療として認められていますが、抗がん剤同様に副作用があるので、副作用の少ない粒子線治療を初めとする放射線治療が開発されました。 X線治療では、一定の放射線を体に当てるために副作用が出てしまいますが、粒子線治療ではピンポイントでがん細胞に当てるので副作用の少ない治療が可能となりました。 更に最近注目されているのが、自己細胞を強くする免疫療法となります。 がんになるということは、人間の免疫が低下していることから始るので、本来ある細胞を増殖・活性化させて免疫力を強め、がん細胞に勝たせようというのが免疫細胞療法となります。 粒子線治療も免疫細胞療法も、ほとんどが健康保険を使えない治療となるので、受けるためにはとても高額な治療費が必要となります。 現在では、粒子線治療は約280万円、重粒子線治療は約320万円、免疫細胞療法も約180万円が相場と言われており、しかも限られた病院や研究所でしか治療を受けることができません。



ナット 特殊ナット

Yahoo!、Googleの検索エンジン対策

胸が大きい人の方が男性にモテる!?そのワケとは…

ラインストーン 通販

特許 弁護士 弁理士



Copyright © coffeenewsbucksmont.com 2011